瓦工事を行っている大脇瓦店です。
瓦の修理に関するご相談で、「損傷があった場合はその部分の瓦だけ交換すればよいのか?」といった問い合わせを頂きます。

瓦屋根は非常に耐久性のあるもので、30年、40年もつものです。
基本的には損傷が発覚した箇所のみ取り替える形で問題ないでしょう。

ただ、損傷箇所があちこち出てくれば、全体の取替え、あるいは重ね葺きを行って補修した方が良いでしょう。

損傷箇所が多いということは瓦自体の劣化が考えられますし、あるいは地震などの影響で下地材のズレや歪みが発生しているかもしれません。
その場合は瓦屋根全体の安定性や耐震性が低下していると考えられますので、予算が許す限り、全体の取替えを検討した方が良いかと思います。

なお瓦屋根を修復する際、全体の瓦を撤去する以外に、既存の瓦をそのままにして、新しい瓦の上から取り付ける方法もあります。

その方が施工が楽になるため、費用も葺き直しに比べれば安くなる可能性が高いです。

ただ、現在の屋根に汚れや苔などがついていると衛生的によろしくないので、高圧洗浄などを行って、汚れをきれいにしてから重ね葺きを行うことをお勧めしています。

屋根の修理、メンテナンスなら大脇瓦店にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

カテゴリー