香川県を拠点に瓦工事を行っている大脇瓦店です。
瓦は耐久性の高い屋根材として知られていますが、実際にどれぐらいを目安に交換が必要なのか、あまりわからない方も多いです。

気づいた頃には雨漏りが発生していて、修復費が高額になってしまったという事もありえます。
そこで自分で判断できる瓦の不具合についてご紹介しましょう。

・瓦のひび割れ
・瓦の浮き
・瓦の塗装剥がれ
・瓦の変色

上記いずれかの不具合が発覚したら、瓦の寿命が近づいているサインと言えます。

瓦は2階の屋根だと検証するのが難しいですが、1階の屋根ならベランダや窓から調べることはできます。

なお瓦のひび割れや塗装剥がれが発覚しても、おそらくすぐには雨漏りなど発生していないはずです。
「特に生活する上で問題ないからまだ放置しても良いかな」と思う方もいらっしゃいます。

しかし、瓦のひび割れが発覚すれば、瓦の下にある防水シートもいずれ雨水が浸透したり、亀裂を起こしてしまうでしょう。
そうなると、防水シートの下にある屋根を構成する木材に浸透し、いずれは雨漏りが発生してしまいます。

木材まで浸透してしまうと、とても厄介です。
木材は濡れた状態が長く続くと腐食し、害虫などの発生を招きます。
そうなると、下地材から全て取替えなければいけなくなってしまいます。

そうなる前に早めに瓦の修理を行いましょう。

お問い合わせはこちらから

カテゴリー