瓦屋根は、日本の伝統的な家屋に必ずといっていいほど使用されている屋根で、瓦屋根があるだけで風情があって素敵に見えるものです。

瓦屋根は、見た目に風情があり、オシャレでデザイン性が高いというだけではなく、断熱性や遮音性に優れているのも大きな特徴です。

断熱性や遮音性に優れている理由は、瓦と屋根の下地の間には隙間があり、その隙間に空気が入りこむことで、遮音効果や断熱効果を生み出すことができるという瓦屋根の構造によるもので、特別な技術や素材を使用しなくても得られる効果が期待できます。

そんなメリットいっぱいの瓦屋根ですが、違う素材で作られる屋根とは違い、メンテナンスを欠かすことができないというちょっとした手間がかかります。しかしそのメンテナンスさえしっかりおこなっていれば、約50年の寿命を持つと言われているので、実は大きなメリットがあると言えます。

瓦屋根に必要な日々のメンテナンスには、壊れていたり傷んでいる瓦の交換がメインとなります。台風のあとなど、定期的に壊れている瓦がないかどうかをチェックし、気になる部分を見つけたらその部分の補修や交換を行っていくようにすると、50年という寿命を獲得することが可能となります。

お問い合わせはこちらから